美容について談義

美意識が高い女性
美容と内臓。

美容はだいたい体の外側であり、内臓は文字通り体の内側にあるものです。

でも、心積もりてみてください。

「美容に良い食事やドリンク」と呼ばれるものは如何にやって影響を発揮するのでしょう。

消化され吸収されて、あるものは体の構成要素に、あるものは体を動かすためのエネルギーになります。

つまり消化され、吸収されなければ、どんなに良いものでも成果を発揮できないのです。

それらは業務はすべて体の中の内臓がしてくれています。

人間なら、疲れたら多少一休みとか、ケースによったら法人をお休みしてリフレッシュとかできますが、彼ら(内臓)は文句も言わずに働き続けています。

暴飲暴食しても、どんだけ間食しても、貴女のために業務をこなしています。

けれども、物事には限界があり、限界を越えたら、その\\ツケ\\が貴方を襲います。

そうなったらもう、美容どころではなく、体、というより生命の維持最優先です。

少々肌が荒れようが、髪が抜けようがそのようなの後回しになります。

そうならないためには、如何にすればいいか。

内臓には各々役割りがあり、それを知るのがベストではありますが、そこまでこだわる不可欠はないのです。

では、内臓に過度の負担をかけないためには如何にすればいいか。

ベース中の元、バランスの良い食生活、これが美容、他にも健康の依拠です。

「バランスの良い食生活って言ってもそう手間なくには」おっしゃる通りそうです、だから、可能な範囲で、そのかわり続けられるよう食生活をちょっとだけ変更してみましょう。

外食の回数を減らす、野菜を意識的に摂る。

材料を噛む回数をわずか増やす、僅かな改善でいいんです。

それが理不尽なく続けられる、つまりは習性化したら、他にもちょっとだけステップ大きく上乗せする。

足りないものは、ドリンクやサプリメントで補っても構いませんが、主役は断っておきますがいつもの食事です。

内臓がきちんと性能しないと、どんなに良いサプリメントでも吸収、栄養にできません。

美容のために、内臓を意識した食事を開始出来てみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です